光ちゃ!のブログ

SOHO始めてもうすぐ20年になります。最初の頃は仕事を見つけられず、安定し出したのは7年前からですね。2年前から青色申告に。それと毎朝のウォーキングと日曜日のサイクリングを10年継続中。おかげで病気や風邪はなかったです。FAX機をcimFaxサーバに変えたり、ルータ設置でVPN実現化等で自宅は様変わりました。そう言った所を紹介できればと思います。

確定申告

2.3. 収入は実現主義

【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業主:青色申告 (実現主義)にまとめています。
 前項(2.2. 現金主義と発生主義、複式簿記を理解する)では費用について書きましたが、収入について、まず企業会計原則から理解しましょう。
企業会計原則 (損益計算書の本質)
ただし、未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならない。
 
企業会計原則 (営業利益) B 営業利益 売上高の計上基準 条文
売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限る。ただし、長期の未完成請負工事等については、合理的に収益を見積もり、これを当期の損益計算に計上することができる。(注6) (注7)
 以上から日本の会計は、収益は実現したものに限ると言う、「実現主義」の考えである事が分かります。

 簡単に言うと我々フリーランスから見れば、収入が得られる取引が発生する(①で言えば「未実現収益」)時点でなく、仕事が完了し、出来上がった商品を取引先に引き渡したor 納品した(②で言えば「商品等の販売又は役務の給付によって実現した」)後、請求書を送るプロセスになります。

 例を上げると、②の時点で引き渡した事で売上があり、1ヶ月後の回収が確定したので、「売掛金」勘定を使います。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/1/31   売掛金   335,196   売上高     335,196 

 そして、実際に取引先から口座に入金があった日(ここでは2/28とします)に先月の売掛金と相殺する感じの帳簿になります。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/2/28   口座   335,196   売掛金     335,196 

 同じフリーランスでも委託契約などでサービス(労働)を提供し、1ヶ月毎に請求する場合もありますね。この場合は労働した月の最後の日に仕事が終わって初めて「実現した」と言えます。1ヶ月期間の労働時間を計算して請求するのか、金額固定なのか、取引先との契約によって様々ですが。
(※)freeeでは請求書を作成した後、上の仕訳が出来るので、引き渡した後、すぐ請求書を作成しましょう!

2.2. 現金主義と発生主義、複式簿記を理解する

【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業:青色申告 (現金主義と発生主義、複式簿記-基礎-)にまとめています。
   会計には発生主義と現金主義の2つがあります。発生主義とは、「現金の収入や支出のタイミング」には関係なく、「収入や支出の事実が確定した時点」の日付で計上します。
   逆に、現金主義とは「現金の収入や支出のタイミング」の日付で帳簿をつけます。
   例えば、1月1日にアマゾンから電子申告に必要なカードリーダーをクレジットカードで購入したとします。その購入代は翌月5日に口座から引き落とされたとします。
   現金主義は購入した1月1日は関係なく、お金が動いた2月5日の時点で帳簿をつけます。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/2/15   消耗品費   1296   口座     1296 

   他方、発生主義は1月1日の時点で「購入した」と言う取引が発生したので、「未払金」勘定で帳簿をつけます。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/1/1   消耗品費    1296   未払金     1296 
そして口座から引き落とされた2月5日の時点で次のように帳簿をつけます。1月1日の未払金が相殺されます。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/2/15   未払金    1296   口座      1296 
   このように借方と貸方を用いて帳簿をつける方式は「複式簿記」と言います。

 逆にシンプルに帳簿をつける「単式簿記」もあります。
発生日 勘定科目 金額
 2019/2/15   消耗品費    1296 

   いろいろ書くとややこしくなるので、ここで国税庁のパンフレットを見ると4つの方式がある事が分かります。
 白色申告青色10万控除青色10万控除
(現金主義)
青色65万控除
簿記の要件簡易な簿記簡易な簿記簡易な簿記正規の簿記
会計原則発生主義発生主義現金主義発生主義
記帳方法単式簿記単式簿記単式簿記複式簿記
簡易な簿記=単式簿記、青色10万円控除で現金主義を採用された方は現金主義でそれ以外は発生主義だと分かります。複式簿記は青色65万円控除のみです。
(※)青色10万円控除で現金主義を取るには、「その年の前々年分の不動産所得と事業所得の金額に、青色事業専従者給与を足し戻した合計額が300万円以下である」こと、また「現金主義による所得計算の特例を受けることの届出書」を税務署に提出する必要があるようです。
 
 青色65万円控除を受けるには「正規の簿記」つまり「複式簿記」が必須条件です。但し、下記の人は受けられないようです。(→10万円控除しかない)
・山林所得のみ
・不動産貸付けが事業規模でない不動産所得
但し、事業規模でない不動産所得でも、事業所得もやっていれば65万円控除が受けられます。

 「複式簿記」は仕訳帳と総勘定元帳を用いて、複雑な取引きを記録をし、最終的に「損益計算書」と「貸借対照表」を作成する方式です。簡易簿記と違って、日々の取引を地味にコツコツと記入しないといけません。また、発生主義とは言え、例外のルールもあるので、覚える事がいっぱいあります。
 
 これらを理解しつつ、元帳記入(転記)もやると自分の仕事が出来ないので、会計freee 個人事業主向けで登録しておけば、簿記の勉強が出来て、助かりますね!

1.3. freeeで登録する前に按分を設定しておこう

【追記:2020/01/17】当記事は にまとめています。
 新年度に入ってから会計freee 個人事業主向けで最初にやっておきたいのは「按分」です。
 ここで言う「按分」とは支出のうちの何割を事業用(経費)にするか、その割合です。例えば、私の仕事は自宅が主で、たまに外で作業する時があるパターンなので、水道とガスは使わないから0%と決めるのです。水道・ガス以外に電気、インターネット、固定資産税、自宅の損害保険料等は按分する必要があります。
 割合は以下のようにしています。
・水道代とガス代・・・仕事に関係ないので、0%
・電気代・・・仕事部屋はUPSやパソコン数台、エアコン、外付けディスク、ルーター等も置けるよう、改造し、コンセントも増えたので、全体のコンセント数割合
・インターネット関連費・・・
 ・自宅に繋いでいる光回線・・・平日の通常の作業時間に加え、その時間外でも仕事の要請が多く、また、土曜日はいつ仕事が来るか分からないので、常にインターネットに接続しておく必要があるので、使用日数年合計/365日
 ・仕事専用通信回線・・・光回線が突然使えない時の代替手段として、Wimaxを持っています。その時しか使わないので、100%。そこは個人事業主の辛い所
・固定資産税と損害保険・・・部屋面積割合
 決定したら、freeeの「確定申告」メニューから「家事按分」を選んで、その中の「新しい家事按分を登録」ボタンをクリックします。
按分1_1
 ダイアログ画面で決定した↑に沿って、勘定科目、品目名、事業利用比率(%)を登録します。
按分1_2
 結局、こんな感じで登録しました。
按分1
 freeeの口座と銀行連携していれば、自動的に取引が出てくるので、下記のように登録しますね。例えば、電気代は登録した「按分」の品目、「電気料金」をいれておけば、決算時、freeeが自動的に「電気料金」だけを集めて、調整してくれます。
按分2_電気
 特にfreeeが便利だと思ったのはインターネット関連。自宅に繋いでいる光回線は仕事だけでなく、映画を見たりするので、「按分」が必要。この場合、↑で決定した品目「インターネット関連費」をいれておけば、これも決算時、調整してくれます。
按分3_関連
 他方、台風や停電などで光回線が突然、使えない時の為に、緊急時の代替手段としてWimaxも持っています。仕事以外は全く使わないので、品目「インターネット関連費」は入れないで、代わりにメモタグ(ここでは"Wimax")でも入れておくと、按分は除外されます。
按分4_関連外
 freeeの便利な機能を上手く使って行きましょう!

1.2. freeeで登録する前に準備しておく物

【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業主:青色申告 (税金と帳簿-帳簿 帳簿書類の保存期間-)にまとめています。
 帳簿書類の保存期間 (国税庁)から拝借。
保存が必要なもの 保存期間
帳簿 仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳など 7年
書類 決算関係書類 損益計算書、貸借対照表、棚卸表など 7年
現金預金取引等関係書類 領収証、小切手控、預金通帳、借用証など 7年(※)
その他の書類 取引に関して作成し、又は受領した上記以外の書類(請求書、見積書、契約書、納品書、送り状など) 5年
※前々年分所得が300万円以下の方は、5年
 提出した確定申告書類(損益計算書、貸借対照表)と帳簿(仕訳帳、総勘定元帳など)、そしてその他の書類(領収証、預金通帳など)は保存が必要だと言うことが分かります。
 
 私の場合は、freee登録だけでなく、土か日曜日、1週間毎に帳簿にも記入しています。理由は科目や金額を間違えて、freeeに登録する事もたまにあります。時間経ってからの決算時、そのミスを探すだけでも大変です。また、うっかり借方と貸方を逆に登録してしまった、知識不足でミスしてしまったってありますからね。やはり、freeeに登録しても、青色申告になって、最初の1年目が肝心。帳簿づけする事で「取引」「仕訳」「貸方」「借方」の意味を掴む事が大事。帳簿づけの基本や仕訳の仕組みを理解するということは、1つ1つの取引の積み重ねが年途中で事業のお金の流れを把握でき、お金次第で計画の見直しもできる訳で、それを経て、最終的に確定申告を行うに到達するって事ですね。
 それで登録チェックも兼ねて、帳簿にも付ける事にし、アマゾンから総勘定元帳と仕訳帳を購入しました。
 実際に記入した仕訳帳はこんな感じです。
帳簿11
また総勘定元帳も仕訳帳から1件ずつ転記しています。
帳簿12
 それから領収書等を貼る物も必要ですね。以前、福祉団体の事務局長をやっていた時、団体のお金で購入した物の領収書はノートに貼っていましたね。ノートもいいんですが、1年経つと汚れてしまうし、間違って、紙を破ってしましったなんてありますからね。私はノートでなく、以下のような2穴リングファイル(A4)を使っています。
 そのリングファイルの中にリフィールクリアポケットをたくさん入れてあります。
 私のはこんな感じです。
 領収書保存2
 科目毎にインデックスシートをリフィールに入れて、右上に勘定科目の名前を書いたシールを貼りました。(剥がれないようにテープで固定してありますw字が下手ですねw)
領収書保存1
 インデックスシートを入れたリフィールの下から順番に真っ白な紙に日付順に領収書を貼って、入れています。
領収書保存3
 やり方は千差万別ではご自分のやり方でご自分に合った物を選んだらいいと思います。
 
 最後にこれだけは持つべき。そう、仕訳と勘定科目を参考にする本です。インターネットでも探せますが、やはり、本屋で売ってるのが一番参考になりますし、どの科目を使うべきか、借方と貸方、どっちだろうか?悩んだ時にそばに置きたい本も必要ですね。
 ここまで来たら、簿記を勉強しましょう!僕もこれをきっかけにまず易しい本を購入して、少しずつ理解して行き、1年経つと上のレベルまで知識が深まり、青色申告も理解できるようになりました。最初はやはり、基本を勉強する事が一番大事ですね。

1.1. 翌年1月1日の決算処理

【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業主:青色申告 (翌年1月1日の決算処理)にまとめています。
 もうすぐ確定申告の時期ですね。私はFreeeで電子申告で提出し、Freeeで年度締めしたので、翌年の31年度に切り替わりました。で、Freeeの仕訳帳を見ると、「おや?」と気が付いたと思います。そうです!年度締めした後、Freeeが1/1だけの決算を勝手にやってくれるのです!
(※)下記の数字は分かりやすく理解できるようにしました。
借方科目 貸方科目
事業主借
損益
元入金
1,000,000円
1,500,000円
1,200,000円
元入金
元入金
事業主貸
1,000,000円
1,500,000円
1,200,000円
 こういう所が素人でも青色申告できるってのがミソですね。しかし、勝手にやってくれるからとこのままにしておくよりは、この仕組みを理解する事で簿記を一歩ずつ身につけた方が後々、楽になります。この数字はどこから来ているのか?それは青色申告であれば、前年に確定申告した書類の中に貸借対照表があったと思います。その下にある所から持って来ているのが分かります。
1_1_決算_1
 結果から言うと、下記の計算式で当期元入金を算出する事になります。
 当期元入金 = 前期元入金 + 事業主借 - 事業主貸 + 青色申告特別控除前所得金額
つまり、前年の事業主借と事業主貸、青色申告特別控除前所得金額から1/1のみ当期元入金に繰り入れ、12/31まで変わらないのです。
(※)Freeeの損益勘定は「青色申告特別控除前所得金額」です。
 Freeeの総勘定元帳を見ると、こうなっているはずです。
月日相手勘定科目摘要借方金額貸方金額残高
1/1前期繰越   500,000
1/1
決算
諸口 1,200,000 -700,000
1/1
決算
諸口  1,000,000300,000
1/1
決算
諸口  1,500,0001,800,000
 もし、青色申告特別控除前所得金額が赤字だった場合はどうなるのでしょう?簡単にこの黒字を赤字(-1,500,000円)に変えましょう、仕訳帳はこうなります。
借方科目 貸方科目
事業主借
元入金
元入金
1,000,000円
1,500,000円
1,200,000円
元入金
損益
事業主貸
1,000,000円
1,500,000円
1,200,000円
 損益と元入金を反対に入れ替えます。総勘定元帳は下記になります。
月日相手勘定科目摘要借方金額貸方金額残高
1/1前期繰越   500,000
1/1
決算
諸口 1,200,000 -700,000
1/1
決算
諸口  1,000,000300,000
1/1
決算
諸口 1,500,000 -1,200,000
 「元入金がマイナス」は事業の状況が悪化、プライベートで使いすぎと言われそうですがw 
 以上から毎年度ごとに元入金は変化するって事を覚えておきましょう。
ギャラリー
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: