光ちゃ!のブログ

SOHO始めてもうすぐ20年になります。最初の頃は仕事を見つけられず、安定し出したのは7年前からですね。2年前から青色申告に。それと毎朝のウォーキングと日曜日のサイクリングを10年継続中。おかげで病気や風邪はなかったです。FAX機をcimFaxサーバに変えたり、ルータ設置でVPN実現化等で自宅は様変わりました。そう言った所を紹介できればと思います。

確定申告

光ちゃ!HPにe-Tax(WEB版)、収支(不動産所得、前年度損失繰越)、電子申請等証明書の交付請求を新規に追加

 HPの電子申告ページでe-Tax(WEB版)、収支(不動産所得、前年度損失繰越)、電子申請等証明書の交付請求を追加しました。  ここ10年、レオパレスさんのせい?(笑)でサラリーマンが副収入として、また自営業(元農家とか・・・)の人もアパートを建てられた人が増えたようで、一応載せました。freeeは仕訳が簡単で不動産も登録出来るので活用する事も考えて下さいね。
 それと新規に自営業を始められた方が予想よりも上手く行かない、赤字だったって事もあり得ます。その場合は青色申告の特典控除として3年間赤字が繰越し出来るので、それを利用して、乗り切る事もできます。

確定申告終えました!

 2月17日から始まった、令和元年度の確定申告。その日にfreeeで基本から収支→確認→提出までやって、今年はfreee申告アプリでなく、e-Tax(WEB版)を使って見たいと、freee提出の段階でe-Taxに組み込む申告データをfreeeからダウンロードして、e-Taxに組み込みました。

 後で漏れに気がつき、この3連休の始まり、土曜に再度feeeで修正して、今度はfreee申告アプリで再提出しました。e-Tax(WEB版)でなく、freee申告アプリに変更した理由はfreeeページにこう書かれていたんですね。
マイナンバーの入力について
freeeで作成した申告書データをWeb版e-taxから申告する場合、マイナンバーを入力できません。
(提出方法を「電子申告(e-tax)」にした場合はfreee上でマイナンバーを入力できず、Web版e-taxでは取り込んだxtxファイルを編集できないため)
マイナンバーが無くても申告自体は受理されますが、税務署から確認の連絡が入る場合があります。
よって、できる限り、 Windows版e-tax か freeeの電子申告アプリ を利用することを推奨します。
 本当はe-Tax(Windows版)を使いたかったんですが、Windows 10にe-Taxソフトインストール中、「e-Taxソフトが新しいソフトウェアのインストールを構成中です。」のまま、全然終わらないので、諦めました。

 それと書面で提出した場合は申告書等の控えに収受日付印を押して貰えるんですが、電子申告はe-Taxのメッセージボックスの受信通知の内容を印刷して、保存とは別に電子申請等証明書の交付を請求出来るようになったと聞いて、交付請求して、データと合わせてダウンロードしました。この証明書となるデータがどこで使うのか?国税庁のHPにありました。
例えば、金融機関からの融資や入札の資格審査などの際に提出を求められる「申告書の控え」に代わるものとして、これらの提出先への提出書類の一つとして使用する場合などがあります。
 なお、このような第三者機関へ提出する場合には、提出先が電子データの受入れが可能であるかを確認していただく必要があります。
 確定申告、無事終えたので、自分のHPも更新しました。光ちゃ!電子申告ページを参照願います。
freee申告アプリだけでなく、e-Tax(WEB版)や電子申請等証明書の交付も載せましたので、お役に立てたら嬉しいです。

確定申告最新版更新(光ちゃ!HP)

 昨年秋、新しいiMacを買ったので、e-Tax関連ソフト(JPKI利用クライアントソフト、 事前準備セットアップ とか)が入っていないし、来月から確定申告が始まるので、思い切って、新しいiMacに入れました。また、昨年、e-Tax関連ソフト導入済のWindows10マシンもe-Tax関連ソフトの再インストールもやってみました。
 
 やって分かった事。導入済の事前準備セットアップは、最新版が来て、必ず更新しないと、申告できないようです。

 macosとWindowsのe-Tax導入手順を全面的に、開設したばかりのホームページに載せましたので、参考にして下さい。
(※) 確定申告に関連するページは2月更新予定です。

2.5. 発生主義も例外はある、この場合は現金主義で

【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業主:青色申告 (現金主義(例外))にまとめています。
 企業会計原則注解 (注1) 条文 注1 重要性の原則の適用について から引用します。
企業会計は、定められた会計処理の方法に従って正確な計算を行うべきものであるが、企業会計が目的とするところは、企業の財務内容を明らかにし、企業の状況に関する利害関係者の判断を誤らせないようにすることにあるから、重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理によらないで他の簡便な方法によることも正規の簿記の原則に従った処理として認められる

(2) 前払費用、未収収益、未払費用及び前受収益のうち、重要性の乏しいものについては、経過勘定項目として処理しないことができる

 
 「重要性の乏しい」とはとw 専門用語は専門家にお任せするとしてw 分かる範囲で言えば、2ヶ月毎に口座から引き落とされる水道料金、毎月引き落とされるガス代や電気料やケータイなどのインターネット代は1ヶ月の引落し額は5千円前後(人によってはもっと安いかも?)と少額で、確定申告時の利益に及ぼすような額ではない(これを「重要性の乏しい」と言う)。

 従って、この場合は複式簿記(経過勘定科目である「未払費用」)でなく、「他の簡便な方法」である現金主義(口座引落し時のタイミング)で帳簿を付けても良いと言う解釈です。帳簿例で言うと、請求書が届いて、債務を確定した時点でなく、実際に毎月の口座から引き落とされた時点で仕訳するだけですね。(2/15、口座から水道料金が引き落とされた↓)
発生日 摘要 借方科目 貸方科目
 2019/2/15   水道料、1&2月分   水道光熱費    5294   口座      5294 

 水道料金、電気代とか、プロバイダー料など、毎月引き落とされる所、全て経過勘定科目(未払金、未払費用)を使わず、現金主義で帳簿つけられるのは、手間がかからず、有難いですね!

2.4. 未払金と未払費用がややこしい

【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業主:勘定科目 (未払金と未払費用)にまとめています。
 前項(2.2. 現金主義と発生主義、複式簿記を理解する)で「未払金」を上げました。では「未払金」勘定とは何か?(旧)企業会計原則注解15によるとこう定義されています。
未払金は、特定の契約等により既に確定している債務のうち、未だその支払が終わらないものをいう。
 
これと似た勘定科目があります。「未払費用」です。企業会計原則注解5 (3) 未払費用 によるとこう書かれています。
未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、すでに提供された役務に対して、いまだその対価の支払が終らないものをいう。従って、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴いすでに当期の費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。また、未払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による未払金とは区別しなければならない。
 
 この定義から分かる事。
  • 「未払金」・・・既に確定している債務で支払っていない 。
    ノートやソフトウェア、プリンタのインク等の消耗品を購入(1回限り)し、クレジットでを後払いするパターン
  • 「未払費用」・・・継続して役務の提供を受けて、まだその対価の支払が終らないもの 。
    毎月口座引落し(継続中)の水道光熱費(電気代、ガス代、水道料)、通信費(携帯電話や光回線のインターネット代)やリース代、毎月の広告費用など

 で、もっと詳しく知ろうと本やインターネット等で色々調べると↑は会計上の定義であって、税務上は債務が確定しているどうかが大事で、我々個人事業主は両者の区別をしなくても大丈夫のようです。従って、電気代、ガス代、水道料、携帯電話などのインターネット通信費は「未払金」勘定を使っても構わないと言う事ですね。

 両者(未払金と未払費用)の区別で悩むよりも、債務が確定している(請求書が来ているとか)なら、未払金であれ、未払費用であれ費用としてきちんと計上しておく事の方が大事と言う事ですね。もし計上せず、漏れがあると費用が少なくなって税金を多く支払ってしまったって可能性ありますから。

 重要なのは、同じ勘定科目を継続して使う事。今年は「未払金」、来年は「未払費用」とコロコロ変わっては一貫性が無くなり、後で問題となります。

 尚、毎月、少額で口座から引き落とされる電気代、ガス代、水道料などの水道光熱費と携帯電話のインターネット等の通信費はまだ話は終わりません。次の記事で書きたいと思います。
ギャラリー
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: