光ちゃ!のブログ

SOHO始めてもうすぐ20年になります。最初の頃は仕事を見つけられず、安定し出したのは7年前からですね。2年前から青色申告に。それと毎朝のウォーキングと日曜日のサイクリングを10年継続中。おかげで病気や風邪はなかったです。FAX機をcimFaxサーバに変えたり、ルータ設置でVPN実現化等で自宅は様変わりました。そう言った所を紹介できればと思います。

ネットワーク

5. 簡易NAS-Androidから接続-

【追記:2020/01/16】当記事は光ちゃ! Android (ネットワーク:簡易NAS)にまとめています。
 最後にAndroid(僕が使っているのはSIMフリー ZTE Blade E01 ホワイト)から無線ルーターBUFFALO WXR-1900DHP2に繋いだSSDに簡単にアクセスできる、無料版である&File Explorerアプリを使います。
 Androidから「Google Play」を起動します。
anroidnas1
Google Play画面が出ます。
anroidnas2
検索一覧からFile Explorer」をクリックします。
anroidnas3
オレンジ色の「FE File Explorer: 入るマネージャー」アプリのダウンロードをクリックします。
(※) 「FE File Explorer Pro 」アプリは有償です。
anroidnas4
アカウント設定の完了画面で「次へ」をクリックします。
anroidnas6
次の画面で「スキップ」をクリックします。
anroidnas7
自動的にダウンロードが行われます。
anroidnas8
ダウンロード&インストールが終わったら、FileExplorerが自動的に起動された後、上の方にある「+」をクリックします。
anroidnas9
新しい接続画面で「NAS」をクリックします。
anroidnas10
次の画面で以下を入力し、下へスクロールします。
  • 表示名・・・適当な名前を入力
  • ホスト名/IP・・・無線ルータのIPアドレス「192.168.XXX.XXX」を入力します。
    Buffalo 無線ルーター管理画面から「デバイスコントロール」をクリックすると、ルーターのIPアドレスが載ってあります。
    nas16
anroidnas11
下の方で下記を入力した後、「完了」ボタンをクリックします。
  • ユーザー名・・・NAS用接続ユーザー名を入力
  • パスワード・・・↑のパスワードを入力
anroidnas12
無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)の管理画面にて、「詳細設定」→「アプリケーション」→「ディスク管理」をクリック。そこで登録したユーザー名とそのパスワードを入力します。
winnas13_2
外付けSSDの中が現れたら、接続成功です!
anroidnas14
中のdisk1_pt1フォルダをクリックすると中が見れてホッ!!
anroidnas15

4. 簡易NAS-iPadから接続-

【追記:2020/01/16】当記事は光ちゃ! iPad (ネットワーク:簡易NAS)にまとめています。
 今度はiPadから無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)に繋いだSSDに簡単にアクセスできる、無料版であるFile Explorerアプリを使います。

iPadから「App Store」を起動して、「File Explorer」で検索します。
ipadnas1
オレンジ色の「FE File Explorer: File Manager」アプリのダウンロードをクリックします。
(※) 「FE File Explorer Pro 」アプリは有償です。
nasipad91
インストールが終わったら、前の画面に戻るので、「開く」ボタンをクリックします。
ipadnas3
自動的にFE File Explorer: File Manager画面がたら、右上にある「+」をクリックします。
ipadnas4
「NAS」アイコンをクリックします。
ipadnas5
下記を入力して、「保存」をクリックします。
  1. 表示名・・・適当な名前を入力
  2. ホスト名/IPアドレス・・・無線ルータのIPアドレス「192.168.XXX.XXX」を入力します。
    Buffalo 無線ルーター管理画面から「デバイスコントロール」をクリックすると、ルーターのIPアドレスが載ってあります。
    nas16
  3. ユーザー名・・・NAS用接続ユーザー名を入力
  4. パスワード・・・↑のパスワードを入力
ipadnas6
無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)の管理画面にて、「詳細設定」→「アプリケーション」→「ディスク管理」をクリック。そこで登録したユーザー名とそのパスワードを入力します。
winnas13_2
外付けSSDの中が現れたら、接続成功です!
ipadnas7
中にあるファイルをクリックすると、自動的にEXCELが起動できました。
ipadnas8

3. 簡易NAS-Windows 10から接続-

【追記:2020/01/16】当記事は光ちゃ! Windows 10 Professional版 (簡易NAS-設定-)にまとめています。
 今度はWindows 10 Proパソコンから接続をやってみます。
Windowsを起動した後、「コントロールパネル」を出します。
winnas1
コントロールパネル画面の「プログラム」の下にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。
winnas2
プログラムと機能画面の左側にある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
winnas3
Windowsの機能画面で下へスクロールします。
winnas4
「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」の左側の「+」をクリックして、展開させます。
winnas5
すぐ下に現れた「SMB 1.0/CIFS Client」にチェックして、「OK」ボタンをクリックします。
winnas7
「PCを再起動する必要があります」と表示されたら、パソコンを再起動します。
winnas9
パソコン再起動後、エクスプローラを起動して、「ネットワーク」をクリックします。
winnas10
コンピュータにNAS用のコンピュータ名が現れます。ダブルクリックします。
winnas11
NAS用コンピュータ名は無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)の管理画面を開いて、「詳細設定」→「アプリケーション」→「共有サービス」をクリックして、そこに表示されたエアステーション名です。
winnas10_2
ネットワーク資格情報の入力画面が現れます。
winnas12
NAS用接続ユーザー名とパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックします。
winnas13
無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)の管理画面にて、「詳細設定」→「アプリケーション」→「ディスク管理」をクリック。そこで登録したユーザー名とそのパスワードを入力します。
winnas13_2
前の画面に戻ります。
winnas14
NAS用コンピュータをクリックすると、その中が見えたら成功です!
winnas15
新規に"document"フォルダを作成し、別の所からEXCELファイルをコピーして、そのファイルをダブルクリックして、編集して保存できました。
winnas17

2. 簡易NAS-Macから接続-

【追記:2020/01/16】当記事は光ちゃ! macos Catalina版 (ネットワーク:簡易NAS)にまとめています。
 前の記事でNASの設定が終わりました。早速、iMacを起動して接続して見ます。Finderを動かして、上部メニューから「移動」→「サーバーへ接続...」をクリックします。<br />
nas14
 続いて、無線ルータのIPアドレス「smb://192.168.XXX.XXX」を入力します。
nas15
Buffalo 無線ルーター管理画面から「デバイスコントロール」をクリックすると、ルーターのIPアドレスが載ってあります。
nas16
 次の画面で以下を行って、「接続」ボタンをクリックします。
  1. 名前・・・ 前の記事にて管理画面で登録したNAS用接続ユーザー名を入力
  2. パスワード・・・ そのパスワードを入力
nas17
無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)の管理画面にて、「詳細設定」→「アプリケーション」→「ディスク管理」をクリック。そこで登録したユーザー名とそのパスワードを入力します。
winnas13_2
 外付けSSDの中が現れたら、接続成功です!
nas18

1. 簡易NASの立ち上げ

【追記:2020/01/16】当記事は光ちゃ! ルーター(簡易NAS:外付けHDD用意にまとめています。
 無線ルーター無線ルーター WXR-1900DHP2を購入して、VPNを実現しました。導入は下記の記事を参考にして下さい。
(1) VPNと無線ルーターWXR-1900DHP2、cimFax -配線する-
(2) VPNと無線ルーターWXR-1900DHP2、cimFax -VPN構築:BBユニット側の設定-
(3) VPNと無線ルーターWXR-1900DHP2、cimFax -VPN構築:無線ルーター側の設定-
(4) VPNと無線ルーターWXR-1900DHP2、cimFax -VPN構築:VPN有効化と接続ユーザ名作成-
(5) VPNと無線ルーターWXR-1900DHP2、cimFax -VPN構築:iPad側の設定-
(6) VPNと無線ルーターWXR-1900DHP2、cimFax -VPN構築:Macの設定-
 最後にやり残したのはNASです。NASはネットワーク(LAN)上に接続することができるハードディスクの事で、この無線ルーターの背面にUSB(Type-A)ポートがついており、USBケーブルで外付けHDDもしくはSDDを繋いで、外からインターネット経由でアクセスできるので、便利です。例えば、ノートパソコンを持って外で作業する際、大事なデータをそのノートの中に保存するよりも、NASで繋いだハードディスクに保存して置いて、後で自宅のパソコンから直接、触った方が効率がいいですしね!また、ノートだけでなく、iPadからもインターネット経由で同じ所に直接アクセスできるので、便利です。

 まず、NAS用ディスクとして、コスパが高いと有名なトランセンドさんのTranscend 外付けSSD 120GB USB3.1(Gen1)+UASP対応 ポータブルSSDを購入し、下図のようにUSBケーブルで接続しました。
nas1のコピー
 管理画面から設定しようとすると自動認識できなかったのでストップしました。
_NAS_エラー3
トランセンドのSSDのファイル形式はext3で初期化されていましたが、Buffaloの無線ルーターにNASとして繋ぐ場合、ファイル形式がXFSでないとダメのようで、この画面で初期化できるはずですが。。。メーカー名を見て認識出来ず?
 XFSはWindowsに繋いでも、Macにも繋いでも読込みもできないし、初期化もできません。Linuxならば可能ですが、また導入するにも時間がないし、WSL(Windows Subsystem for Linux)ではまだフォーマットまでできないようです。また、Windows 10からFat32で初期化しても同じで認識せず。(ガックシ)。
 幸いにも元々持っていたTS3200D テラステーション 3200とUSBケーブルで接続して、XFS初期化ができました。ここはやはり、BuffaloのHDDもしくはSSDを購入された方が無難だと思います。
 話を戻して、ルーターの管理画面(初期はhttp://192.168.11.1/)にアクセスして、「詳細設定」ボタンをクリックします。
Buffaloルーター管理画面1
 続いて、「アプリケーション」→「ディスク管理」をクリックした後、真ん中の「パーティション1 (disk1_pt1)」をクリックします。
(上の方に「USBディスクの自動割当」行の「使用する」にチェックすると、自動的にUSBディスクが認識されます。)
nas2
 USB動作モードはUSB3.0で動作させるにチェックし、灰色の下にある操作の所で「フォーマット」ボタンをクリックします。
nas3
 次の画面でフォーマット形式は「XFS」を選択して、「フォーマット実行」のボタンをクリックします。
 次にNAS用接続ユーザー名を登録します。前の画面に戻って、一番下にある「ユーザーの追加」ボタンをクリックします。
nas4
 次に画面で下記を行い、「新規追加」ボタンをクリックします。
  1. ユーザー名: admin以外のNAS用接続ユーザー名を入力
  2. パスワード: そのパスワードを入力
nas6
 前の画面に戻ったら、「設定」ボタンをクリックします。
nas7
 「設定中です」に切り替わります。
nas8
 「設定中です」画面が消えたら、NAS設定は以上で終わりです。

 外付けSSDの初期化が終わったら、そのSSDを外からアクセスして、ファイルの読出しや保存が出来るように、共有化を行います。
 「アプリケーション」→「共有サービス」をクリックした後、「共有フォルダ機能」欄にチェックして、「設定」ボタンをクリックします。
nas21
 続いて、「アプリケーション」→「WEBアクセス」をクリックした後、下記を行った後、「設定」ボタンをクリックします。
  1. Webアクセス機能・・・「使用する」にチェック
  2. DNSサービスホスト名・・・「DDNS設定のホストを使用する(ルーターモード ON時のみ有効)」を選択←VPN構築時、既にルーターモードONにしています。
    自分はバッファロー・ダイナミックDNSサービスを申し込んで、
    「Internet」→「DDNS」で「ダイナミックDNS機能」で「BUFFALOダイナミックDNS」を選択していたので、
    nas13
    BuffaloNAS登録機能を使わない事にしました。 
 以上で設定は終わりです。次の記事でMacから接続して見たいと思います。
ギャラリー
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
  • 6ヶ月かかって出来たHPをちょこちょこCSS修正(iPhoneとAndroid)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: