【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! Windows 10 Professional版 (導入-外付けSSD-)にまとめています。
 また、プロンプト上、ブログのせいか、コマンドが途中で切れてすみません。こちらの方、光ちゃ! Windows 10 Professional版 (導入-インストール-)を参照願います。

今月初めに登場した macOS Mojave が出たのと同時に、Amazonで偶然見つけた、外付けSSD "StoreJet for Mac 1TB (TS1TSJM500)"が 8 万円も安くなり、手に入りやすかったので、その SSD を購入し、Mojave を入れ、実際に仕事もスムーズになりました。


 それで使わなくなった、外付け SSD(256GB)をそのままにするのは勿体ないと思い、iMac 内臓の HDD の方に入れていた、Windows10 を移行させる事にしました。

Mac と Windows を両方、起動できるようにした Bootcamp は、内臓でしか使えないので、 Windows の disk part 等のコマンドを使って、SSD(256GB)初期化、パーティション作成等 を行い、Windows ドライバは Bootcamp でダウンロードする事にしました。

手順は下記の通りです。
(1) Mac 内臓の Sierra を Mojave にアップグレード。
(2)Microsoft ホームページから Windows10 インストール用ファイル群をダウンロードし て USB メモリに保存。(Windows10 で操作)
(3)Mac を起動して、Bootcamp を起動させ、上部メニューのアクションから Windows10 に必要なドライバ等をダウンロードして、USB メモリに保存。

(4)ここから Windows10 側で操作。アプリメニューから Windows Power Shell を起動させます。 

PS C:\WINDOWS\system32> diskpart DiskPart ツールを起動 Microsoft DiskPart バージョン 10.0.16299.15
Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: DESKTOP-39K2RVQ

DISKPART> list disk
ディスク 状態
###
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 238 GB 0 B * ディスク 1 オンライン 931 GB 257 MB *

(注)内臓 HDD と外付け SSD の大きさからどっちが SSD か、推測できる DISKPART> select disk 0 Windows インストールしたい機器の番号を選択 ディスク 0 が選択されました。
DISKPART>
clean 初期化する

DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。
DISKPART>
convert gpt GPT 形式に変換
DiskPart は選択されたディスクを GPT フォーマットに正常に変換しました。 DISKPART> create partition efi size=256 ブートセクタとなるパーティションを作成 DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。
DISKPART>
format fs=fat32 quick label="EFI" FAT32 初期化、ラベル名を EFI とする

100% 完了しました
DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。
DISKPART>
assign letter=S S ドライブに割り当てる
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。 DISKPART> create partition primary Windows システムをインストールするパーティ ションを作成する
DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。
DISKPART>
format fs=ntfs quick label="Windows10" NTFS 初期化し、ラベル名を Windows10 とする

100% 完了しました
DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。 DISKPART>
assign letter=I I ドライブに割り当てる

接続されているディスクの一覧表示

サイズ 空き ダイナ GPT ミック

DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。 DISKPART> list volume 上記の内容を確認する

DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。 DISKPART> list volume 上記の内容を確認する

Volume ### Ltr Label Fs Type Size Status ---------- -------------- ---- ---------- ------- --------- --------

Info

ブート システム 非表示

非表示

Volume 1 Volume 2 Volume 3

C BOOTCAMP EFI

I Windows10 S EFI

NTFS Partition FAT32 Partition NTFS Partition NTFS Partition

239 GB 正常 200 MB 正常 497 MB 正常 238 GB 正常

256 MB 正常

* Volume 4 Volume 5

FAT32 Partition DISKPART> exit DiskPart を終了させる

DiskPart を終了しています...

PS C:\WINDOWS\system32> cd D: Windows10 インストール用ファイル群をダウン ロードした USB メモリを刺して、エクスプローラでドライブ(ここでは、D ドライブ) を確認してから、cd コマンドでそのドライブに移行する
PS D:\> cd sources

PS D:\sources> dism /get-imageinfo /imagefile:install.esd らインデックス番号を確認する 展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15

イメージの詳細: install.esd インデックス: 1
名前: Windows 10 Home
説明: Windows 10 Home サイズ: 16,177,943,606 バイト インデックス: 2

名前: Windows 10 Education 説明: Windows 10 Education サイズ: 16,432,825,751 バイト インデックス: 3

名前: Windows 10 Pro
説明: Windows 10 Pro
サイズ: 16,448,353,547 バイト

Windows のバーションか

操作は正常に完了しました。
PS D:\sources>
PS D:\sources> dism /apply-image /imagefile:install.esd /index:3 /applydir:I:\ 用いて OS イメージ(インデックス:3)を SSD に展開 展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15
イメージを適用しています

DISM を

PS D:\sources> dism /apply-image /imagefile:install.esd /index:3 /applydir:I:\ DISM を 用いて OS イメージ(インデックス:3)を SSD に展開 展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15

イメージを適用しています [=========================100.0%========================= =]
操作は正常に完了しました。
PS C:\WINDOWS\system32>
bcdboot i:\Windows /l ja-jp /s s: /f UEFI
を SSD に作成する
ブート ファイルは正常に作成されました。
PS C:\WINDOWS\system32>

ブートセクタ

(5)パソコンを再起動直後、Option キーを続けて何回も押す。 

(6)SarttupManagerが出たら、Macともう1つの↑ 外付け用(⻩色のディスク)の方の

Windows が出るので、Windows をクリック。
(7)以降、通常の Windows インストール画面になります。
(8)Windows がインストール出来たら、Windows10 画面が出るので、そこで

保存していた USB メモリから Bootcamp を起動して、ドライバをインストール。 以上で無事、Windows10 が動けました。


 ここで大きな問題はアクティベーションだったのですが、ハード変更は SSD のみ追加で、 デイスプレイやメモリなど、全然変わらないので、再ライセンス認証はなかったです!

それから、現在の Boocamp は APFS が読み込めないので、つまり、Windows10 から APFS 化した Mac を起動させる事ができないので、Option キーを押し続けて、 Startup Manager 画面が出たら、そこから Mac を起動させるようにしました。