【追記:2020/01/17】当記事は光ちゃ! 経理版 個人事業:青色申告 (現金主義と発生主義、複式簿記-基礎-)にまとめています。
   会計には発生主義と現金主義の2つがあります。発生主義とは、「現金の収入や支出のタイミング」には関係なく、「収入や支出の事実が確定した時点」の日付で計上します。
   逆に、現金主義とは「現金の収入や支出のタイミング」の日付で帳簿をつけます。
   例えば、1月1日にアマゾンから電子申告に必要なカードリーダーをクレジットカードで購入したとします。その購入代は翌月5日に口座から引き落とされたとします。
   現金主義は購入した1月1日は関係なく、お金が動いた2月5日の時点で帳簿をつけます。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/2/15   消耗品費   1296   口座     1296 

   他方、発生主義は1月1日の時点で「購入した」と言う取引が発生したので、「未払金」勘定で帳簿をつけます。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/1/1   消耗品費    1296   未払金     1296 
そして口座から引き落とされた2月5日の時点で次のように帳簿をつけます。1月1日の未払金が相殺されます。
発生日 借方科目 貸方科目
 2019/2/15   未払金    1296   口座      1296 
   このように借方と貸方を用いて帳簿をつける方式は「複式簿記」と言います。

 逆にシンプルに帳簿をつける「単式簿記」もあります。
発生日 勘定科目 金額
 2019/2/15   消耗品費    1296 

   いろいろ書くとややこしくなるので、ここで国税庁のパンフレットを見ると4つの方式がある事が分かります。
 白色申告青色10万控除青色10万控除
(現金主義)
青色65万控除
簿記の要件簡易な簿記簡易な簿記簡易な簿記正規の簿記
会計原則発生主義発生主義現金主義発生主義
記帳方法単式簿記単式簿記単式簿記複式簿記
簡易な簿記=単式簿記、青色10万円控除で現金主義を採用された方は現金主義でそれ以外は発生主義だと分かります。複式簿記は青色65万円控除のみです。
(※)青色10万円控除で現金主義を取るには、「その年の前々年分の不動産所得と事業所得の金額に、青色事業専従者給与を足し戻した合計額が300万円以下である」こと、また「現金主義による所得計算の特例を受けることの届出書」を税務署に提出する必要があるようです。
 
 青色65万円控除を受けるには「正規の簿記」つまり「複式簿記」が必須条件です。但し、下記の人は受けられないようです。(→10万円控除しかない)
・山林所得のみ
・不動産貸付けが事業規模でない不動産所得
但し、事業規模でない不動産所得でも、事業所得もやっていれば65万円控除が受けられます。

 「複式簿記」は仕訳帳と総勘定元帳を用いて、複雑な取引きを記録をし、最終的に「損益計算書」と「貸借対照表」を作成する方式です。簡易簿記と違って、日々の取引を地味にコツコツと記入しないといけません。また、発生主義とは言え、例外のルールもあるので、覚える事がいっぱいあります。
 
 これらを理解しつつ、元帳記入(転記)もやると自分の仕事が出来ないので、会計freee 個人事業主向けで登録しておけば、簿記の勉強が出来て、助かりますね!